海外旅行・留学・海外生活で体験したびっくり話を紹介しています。

素敵な体験話

主人の出張先はカンボジアはプノンペン。休日を利用して遊びに行くと、カンボジアの人の良さを見れた。

更新日:



ハンドルネーム:Tsurujiroさん 女性
訪れた国:カンボジア プノンペン

子どもがまだ1歳に満たない頃に、主人の出張先のカンボジア・プノンペンに遊びに行きました。

主人もちょうどカンボジアのお祭りの時期で休みをもらっていたので、家族でリゾートホテルに泊まって、ゆっくりすることができました。

カンボジアの人は、子どもが大好きのようで、息子はどこに行っても大歓迎でした。

ホテルで朝食を摂る時には、必ず決まったウェートレスのお姉さんが、子どもの名前で呼びながら入り口で出迎えてくれました。

そして、私と主人がビュッフェで席を立つ間はずっと、子どもを抱っこしていてくれました。

息子もすっかりそのお姉さんのことが気に入ってしまって、朝食の時間に会えるのをいつも楽しみにしていたと思います。

夜も同じように、外のレストランで食事をする時も、まず子どもを見るとにっこりと出迎えてくれて、食べている間面倒見ているからと、女性だけでなく男性のスタッフの方も息子と遊んでくれてました。

息子が少し離れたところで、キャッキャはしゃいで遊んでいる姿を眺めながら、私と主人は久しぶりに夫婦水入らずでリラックスしながらの食事を楽しむことができました。

日本では、小さな子をみれば「かわいいね」と声をかけてはくれても、知らない人が抱っこして面倒を見てくれることはまずないので、カンボジアのこの気さくなカルチャーがとても素敵だなと感じた旅でした。

子連れで行くにもおすすめです。

-素敵な体験話
-, ,

Copyright© 世界で経験したびっくり体験話 , 2018 All Rights Reserved.