海外旅行・留学・海外生活で体験したびっくり話を紹介しています。

素敵な体験話

初めての韓国旅行で体験した、反日感情の真実と当事者たちの想い

更新日:

ハンドルネーム:mayuさん 女性
訪れた国:韓国

今から10年ほど前のこと、私がまだ大学生だった時のことです。

韓流ブームにすっかりはまっていた私は、友人と初めての韓国旅行に行くことを計画。憧れの韓国にワクワクする反面、少しだけ不安も感じていました。

というのも、その頃SNSが今のように普及していなかった時代で、韓国文化というものが今のように身近に感じられなかったため、韓国人は日本人に対して冷たいんじゃないか…とか、嫌な思いをしたらどうしよう…という気持ちが少なからずありました。

そんな不安を抱えながら、初めての韓国へ。すると、旅行中、友人と街を歩いていると、いきなりお爺さんから肩を叩かれ、呼び止められたのです。

ビックリした私達は、何か怒られるんじゃないか…と一瞬身構えましたが、お爺さんの口から意外な言葉が出てきました。

「あなたたち、日本から来たの?」と。

私達がうなずくと、お爺さんの表情がパッと明るくなるのが分かりました。そして、こう続けました。

「私は、昔日本語の教育を受けてきたので、言葉が話せます。日本はとても良い国で、私は本当に大好きだと思っている。こんな歳になってなかなか動けないけれど、もう一度日本に行けるなら吉野の桜をこの目で見たい。今の韓国人はみな、反日感情を持っていると思われていることが悲しい。」と。

意外な言葉とお爺さんのイキイキした表情に嬉しくなり、奈良の吉野の桜を自分も見たことがあること、今学校で学んでいること、韓流がブームになっていて大好きなことなどを少し話しました。

お爺さんはニコニコしながら話を聞いてくれ、最後に「あなたたちと話せてよかった。」と言い残して、去っていきました。

通りすがりの私達にわざわざ声を掛けてくれて、一瞬の出来事でしたが本当に心が暖かくなりました。

社会人になり、主婦になり、私の中での韓流ブームは終わってしまいましたが、今でも、そのお爺さんのおかげで韓国のことは大好きです。

いつかまた、旅行に行ける日が来ると良いなぁと思います。

-素敵な体験話
-,

Copyright© 世界で経験したびっくり体験話 , 2018 All Rights Reserved.