海外旅行・留学・海外生活で体験したびっくり話を紹介しています。

笑える体験話

母と姉とタイのバンコクへ行った際、トラブルになりやすいと注意されていた個人タクシーに乗ってしまい…

投稿日:

ハンドルネーム:くうさん 女性
訪れた国:タイ バンコク

今から五年ほど前に、母と姉とタイのバンコクに4泊5日のツアーに参加しました。

日程の大半が観光地巡りや、買い物などバスで予定が組まれていたので、朝ホテルの前にバスが迎えに来て夜はバスでホテルまで送り届けてもらえていたので特に問題なく過ごしていたのですが、最終日の終日フリー日程の際に少し怖い思いをしました。

せっかく母も連れて海外に来たので、色んなことを体験させてあげたいと思い、朝からマーケットや美味しいレストラン、エステまで盛り沢山に予定を入れていました。

朝ホテルから出かける際は、ホテルのスタッフにタクシーを呼んでもらったので、特にコミュニケーションに困ることなく目的地についたのですが、夜ホテルに戻る際、どうしてもタクシーに乗る必要があったため、緊張しながらもどのタクシーに乗ろうか探していました。

ガイドブックなどで個人タクシーはボッタクリも多く、トラブルに巻き込まれやすいと書いてあったので、外国人の女3人が乗ると騙されないだろうかと不安ながらも、間違いの無いようにホテルへの行き方を確認するため、近くの通行人に英語で質問しました。

すると、たまたま近くで日本のアイドルイベントが行われていたようで、そこに来ていた現地のファンの方で日本語が堪能な方でした。

これはラッキーと思い、その方にタクシーを捕まえてもらいホテルへ連れてって欲しいとドライバーさんに伝えてもらいその場を離れました。

これで安心とほっとしていたら、そのドライバーは朝来た道と違う道に向かって走り出していました。

サングラスをかけ、見た目も怖そうな人だったので、変なところに連れて行かれたらどうしようとドキドキしながら乗り、変なところに連れて行かれないように地図を広げ、私はホテルの場所を知っているんだから変なところに連れて行くなよ、というささやかなアピールをしながら、心の中ではどうか無事についてくれと祈り続けました。

数十分が経過し、とうとうタクシーは暗闇のお店もほとんどないような道に入っていったので、もう駄目だと思った瞬間、タクシーが止まりました。

ふと目をやるとそこは私たちが宿泊していたホテルでした。どうやらこのドライバーは道に詳しい人だったようで、渋滞をさけ近道を通りながらホテルの裏口側に連れてきてくれたようでした。

ホテルについて、無事ガイドさんたちと合流できた時は安堵でどっと疲れが出ました。

海外初心者の私は、これからはタクシーを使わずにすむ駅近くのホテルに泊まろうと強く決意したのでした。

-笑える体験話
-, , ,

Copyright© 世界で経験したびっくり体験話 , 2018 All Rights Reserved.