海外旅行・留学・海外生活で体験したびっくり話を紹介しています。

笑える体験話

ホームステイ先のお祭りで突然舞台上に上げられ、咄嗟にとった行動とは

投稿日:

ハンドルネーム:ロドリゲスさん 男性
訪れた国:アメリカ

私が20歳前後だった10年ほど前、長期休暇を利用して、アメリカに1か月ほど留学していたことがあります。

衣食住は、ホームステイをした先でお世話になっていました。

学校が休みの時、その地域では大規模なお祭りに連れてってもらいました。

ホームステイ先の父親ビル(仮名)は、カントリーバンドを組んでおり、そのお祭りのステージに出ることになっていました。

私もビルの家族とともに、バンドのステージを応援していました。

数曲演奏が終えた後、ビルがマイクを取ってMCをすることになりました。

「ありがとうみんな!今日は日本からも応援が来てるぜ!こっちに来な」えっ!と思いましたが、どう考えても私のことです。

会場が盛り上がっているので断る訳も行かず、ステージに登りました。

「こいつは今俺がホームステイで受け入れてるんだ、ということで日本代表としてパフォーマンスよろしくな!」

ビルはアメリカンならではの強引な明るいノリを強要。

もう引くに引けない私は、破れかぶれでマイクスタンドを引っ掴みました。

会場が唖然とする中「ヤアッーメンッ、ツキ、コテッ、シャー」響き渡る私の気合。

いきなりのステージで頭が真っ白だった私は、マイクスタンドを使って高校まで打ち込んできた剣道を披露。

突然のことに普段陽気なアメリカンたちも呆然としていましたが、アルコールの入った一部の観客は大盛り上がり。

「ジャパニーズサムライ!サムライ!」とのコールを受け、一応大役は果たしました。

冷静に見れば完全に不審者ですが、お祭りだったため日本人は変なパフォーマンスをするんだな、と思われた程度で済みました。

今思い出しても、すごく恥ずかしいです。

そして、あの日お祭りに来ていた人々に、日本人のイメージを間違った方向に植え付けたのではないかと心配です。

-笑える体験話
-,

Copyright© 世界で経験したびっくり体験話 , 2018 All Rights Reserved.